質問項目固まる

2月定例会の発言通告書の提出期限は25日午前11時です。質問の項目がほぼ固まりました。

 

少し項目数が多いので、今週中に削りたいと思いますが、予算に関連する質問は減らせませんし、悩んでいます。昨年10億円以上の事業見直し(削減)があり、その時の中期財政計画には今後10〜20億円の削減が必要だと書かれてあったのに、僅かに2,000万円程度の削減で提案されてきました。

 

事業の削減の中で市民に影響のあるものが削減されるのであれば問題ですが、余り影響のないものしか削減対象になっていないように思います。それはそれでよいのだとしても、中期財政計画が一体何だったのかということになります。

 

16日発行のしが彦根新聞では、「議会迎合予算を受け、市議会は迎合をただ単に追認するのか、更なる行財政改革を求めるのか」と厳しく評価しています。確かに、予算自体は議会が承認したものですが、その提案は市長から提出されたものです。

 

このような報道の批判を真剣に受け止めるのであれば、しっかりと市民の声を背に追及しなければならないと思っています。

 

 


2月定例会議案確定

2月21日(金)開会の令和2年2月定例会の議案が確定しました。全部で33議案です。今日の中日新聞に概要が掲載されました。また、彦根市HPにも予算関連の資料が公開されています。https://www.city.hikone.lg.jp/shisei/zaisei/5/6099.html?fbclid=IwAR3lP5mRjB_3fKooRdtQghTNVscy4bDPgqvxI5ueny_izeGQyyi5H0RFKi8

 

昨年来、注目の的になっていました「事業見直し」ですが、今年度は約2,000万円の削減。かねて10億とも20億とも議会で答弁されたものとは雲泥の差です。それについての説明は記者発表のびわ湖放送のニュースをお聞き下さい。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010001-bbcbiwakov-l25&fbclid=IwAR1ZyGwlRBj7HteKSLmviwm81vfcyKxMD6tibE4lBhHrTFfT7yZIbTefJsM

 

 

 

 

 

 


市民の多くの疑問

多くの市民の方々から、今の市政についての疑問が到着しています。

 

庁舎の問題、予算執行の問題など、このブログのほか、各議員(会派)の市政報告などをご覧になって、心を痛めておられることが伝わってきます。

 

13日の議案説明会で、どのような当初予算案が提案されるのか、そのことが市民の皆さんには気になるところでしょう。

 

中期財政計画では、10〜20億円の事業削減が謳われていましたが、果たしてどのような事業予算が削減されることになるのかです。

 

もとより、このような事態に陥った原因は、大久保市長のハコモノ重視の姿勢であったわけで、「福祉日本一」という方針は「ハード」ではなく、「ソフト」への方針転換だったはずですが、そのことについては全く答えることなく、庁舎耐震化工事、新市民体育センター、新ごみ処理施設をはじめ、幾つものハコモノへの投資が窮屈な予算編成をもたらし、更にその結果としてこれからの維持費・市債償還などによって自由度のない予算組みを余儀なくされているという認識が全くありません。「将来にわたって市民が享受する」からという理由をハコモノ建設にあたっての必要性の理由にしていますが、それだけに留まらない維持費などの固定費支出がついてくるという認識がありません。

 

たとえば庁舎の問題です。大久保市長は7年前の当選後、財政が厳しいからと獅山前市長の予算規模(約35億円)では問題だからと、17億円余りの規模で耐震工事を行う(増築面積はほとんどなし)ことを主張(議会での議論も、庁内での打合せもほとんどなく)していました。しかし、「裏合意」を発端にして、最終的には諸々の経費を含めると68億円にもなっているのです。獅山前市長の予算の2倍にもなってしまったのです。

 

また、新市民体育センターも同様に20億円以上の増額ですし、従来の市民体育センター(松原町)が耐震工事を終えたばかりであるのに、これを取り壊すという有様です。新ごみ処理施設も当初は100億円規模の事業(1市4町全体での費用総額)だと説明していたものが、今では200億円規模だというのです。

 

この間、議会では陸上競技場の配置場所について「滋賀県からの要望」なのか、「彦根市からの要望」なのかの説明で、「県からの要望の資料はない」と断言したり、庁舎耐震化工事の裏合意問題においても、耐震化工事費が10分の1程度で収まるという答弁をするなど、とても納得ができない説明ばかりを繰り広げています。

 

市民の受け止め方と、議会での結論における意識の乖離こそが問題であるのでしょうが、私たち議員はもっと市民の側に立って採決行動に移らなければならないと思います。

 

昨年の当初予算案の否決という異常事態を経験したとはいえ、市長が決裁した中期財政計画策定の認識、計画実現性への強い意志を予算案に反映させるべきであると強く主張していきたいと思います。

 

 


あちこちを調査中

1月下旬から、あちこちでの調査を開始しています。1月17日に盆梅展に行ったのも、その一環です。

 

新年度予算については、まだ、ほとんど情報が入ってきませんが、基礎的な情報を仕入れておかないと、質問の構築ができないのです。また、友人からは様々な周辺での情報を提供下さる人たちもいます。

 

また、多くのご意見や問題点について、電子メールで情報が入ったりもしています。

 

わずか30分の個人質問の中にどれだけ組み入れられるのかは疑問ですが、しっかりと市民の声を議会で伝えていきたいと思っています。

 

 

 

 


1月28日付彦根文化新聞

1月28日付の彦根文化新聞裏面に1月定例会での私の個人質問を取り上げていただきました。庁舎工事費についてのやり取りです。大久保市長の当初工事見込み金額と現段階での金額を書いていただきました。これまでの議会でのやり取りからすると、若干答弁の金額に疑問符がつくのですが、現時点での正式答弁としておきましょう。

 

記録として、地方紙にも数字が残ったことで、市民としてはそのことをしっかりと記憶に残して貰いたいと思います。

 

 


新年度予算案の片鱗

新年度の予算案に関わる情報が入ってきました。「こんなところまで削減するのか」というものです。

 

情報の出どころを示せませんので、詳しく書くことができないのですが、この情報が正しいのであれば、今年度以上の事業規模の縮小になりそうです。もとより、中期財政計画では10〜20億円の削減が必要とあった訳ですから、驚くこともないのでしょうが、多分、この話題の予算削減は50万円から100万円程度のものだと思います。

 

しかし、これがもしも100万円規模での縮小であったとしても、10億円の削減のためには1,000個の事業を集めてくることが必要です。しかし、1億円規模の事業縮小であれば、10個の事業で10億円を削減できます。

 

昔、夫が青年会議所に所属していたとき、イベントの協賛金を集める必要があって、1万円の協賛金を10社から集めることと、10万円の協賛金を1社から集めるのを比較して、どちらが効率的かという議論があったという話を聞いたことがあります。これと同じ理屈ではないでしょうか。

 

幅広い事業の縮小であれば、それだけ影響を受ける市民が増えます。あるいは、今年度のリフォーム事業への補助は、対象者がないようなリフォームへの補助にするとして、大きな反響が出ました。これは、リフォームをしようとする市民だけでなく、工事業者にとっても工事受注の機会を減らすことになるわけで、反対の声が大きくなったのも当然でした。

 

さて、2週間ほど先には予算書が配布されることになります。どのような事業が削減・廃止されるのか、しっかりとした説明を求めなければならないと思っています。

 

 

 

 


議会報告会(告知)

彦根市議会では、次のとおり議会報告会を開催します。

 

https://www.city.hikone.lg.jp/shisei/gikai/9/12058.html

 

告知のために1月10日に会場のビバシティ彦根でチラシ配りをしました。高齢の女性が手押し車を押して私に寄ってこられました。お話しを聞けば、1.5kmほど離れた所から買い物のたびにビバシティ彦根に来られているとのこと。90歳を越えて元気で暮らしておられるとのことでしたが、足腰も大丈夫で、しっかりお話しもされていました。

 

このような方々がかなりおられるのが、今の日本社会です。そのように考えると、「福祉施策」がいかに大切であるかということを切実に感じます。

 

現在の彦根市では、ハコモノ偏重の施策ばかりが前面に出てきています。それも、財源面では決して余裕があるわけでなく、しかも予算・事業を提案する市長は、市民に向けての情報提供を、充分に行っているとは到底思えないように思います。「議会さえ通過すれば」とでも考えているのか、市民に向けた「丁寧な」説明とは程遠いとしか言い様がないのが実際のところではないでしょうか。

 

辻真理子は、12月定例会で本庁舎の費用について質問をしました。その答弁に出てきました数字をグラフにしてみました。

 

20200111001

 

このグラフについては注釈が必要です。6つの棒が並んでいますが、1つずつ含まれている金額に違いがあります。以下の金額の一部については過去の資料との整合性を優先したところがあります。

 

1番目の「獅山案(H27.7金額見直し)」というのは、獅山市長時代に詳細設計まで進んでいた準備の工事費を、大久保市長当選後に工事金額の見直し(増額)をしたもので、仮庁舎費用(庁舎前のプレハブ)や立体駐車場の用地費・工事費も含まれています。

 

2番目の「大久保市長「当初案」(H27.6)」は、仮庁舎を彦根駅東口にプレハブを建てる費用は含まれていますが、立体駐車場の費用は含まれていません。しかも、耐震工事によって有効床面積が減少するために市民ニーズはもとより、職員の執務空間が狭隘になるとともに、ワンストップ・サービスが提供できない(増築規模は前面1階だけで、僅かに650屐砲燭瓠議会が拒否したものです。

 

この「当初案」ではダメだと言うことで、議会内に特別委員会を設置して検討した結果として出てきたのが、3番目の「議会提案工事(H27.10)」です。4つの案(A案〜D案)の4つ目の案でしたので、議会内では「D案」と言われています。この「D案」が基本になっています。

 

4番目(「当初入札額(H29.5)」)は、「D案」を元にして行われた入札において、2社が応札して提出された金額です。従って、別途発注された立体駐車場(用地費とも)の費用は入っていません。この金額が41億円だったのです。しかし、予定価格を超過していたため、この2社で再入札をして、結果として2社のうち安価であった岐建蠅応札した金額が5番目の棒(「裏合意の工事費(H29.5)」)の肌色部分で、赤色の部分がいわゆる「裏合意」として別途工事にするという約束をした金額です。従って、これにも立体駐車場関係の費用は含まれていません。

 

そして、6番目の「最終入札額(R1.12)」というのは、いわゆる「裏合意」解消のために行われた民事調停で彦根市が支払うことになった第1期分の工事費(和解金額=黄緑色)・立体駐車場関係費(実は答弁では立体駐車場用地費が含まれずに公表されましたが、そのままに計算してあります)・調停関係費・仮庁舎・汚染土壌撤去費・仮庁舎賃料(以上は「その他費用=紫色」に含めてあります)を積み上げたものです。

 

結果、1番目の棒(約35.6億円)の約2倍(約68億円)の経費がかかることになったのです。

 

大久保市長は、「財政が厳しいから」と「当初案」を提出したはずです。もちろん、議会が提案した「D案」では獅山市長の案(「現行案」と言われていました)程度であったわけで、単純に比較すれば「当初案」の2倍ほどではあったものの、市民ニーズなどお構いなしの「当初案」とはまるで中身が違うのです。

 

これと同じように、新市民体育センターの工事でも当初の予定金額を大幅に超える金額での発注になりそうです。これが、「財政が厳しい」と言い訳をした市長の施策なのでしょうか。提案に全く整合性が取れていません。

 

このことによって、幾つもの福祉施策や教育施策、観光施策が切り捨てられたのが令和元年度予算でした。間もなく令和2年度予算案が示されるでしょうが、より一層の事業規模縮小が提案されるでしょう。

 

本当に市民の暮らしを見つめるならば、ハコモノ施策の見直しを断行すべきではないでしょうか。

 

お年寄り、子どもたちの日常が少しでも明るくなるために、辻真理子はしっかりとした立ち位置での議論を続けたいと思っています。

 

 


中日新聞(1月4日号)

1月4日号の中日新聞滋賀版に、「県と13市 2020年の展望」なる記事の「上」が出ました。

 

市については大津市、彦根市、長浜市、近江八幡市、草津市です。県についての見出しは「鉄道存続など 統率力発揮を」です。

 

大津市 「ジュネーブ構想」進展へ

彦根市 予算編成 理解得られるか

長浜市 元浜町13番街区 新施設6月開店

近江八幡市 新庁舎候補地 市民の反応は

草津市 待機児童解消へ 施設整備を支援

 

ご覧になって、課題やテーマの違いに気付きませんか。

 

他市はいわば個別案件について書かれています。一方、彦根市は「予算そのものが可決するか」という根本的な問題です。記者も昨年の予算案否決という事実を抜いてしまうことができなかったのでしょう。

 

記事の一部を書き出します。「大型事業費がかさみ、文化関連や教育関連費を削った19年度当初予算案は市議会の反発を受けて否決される事態に。財政状況は依然として厳しく、20年度当初予算案では、前年の反省を踏まえ、市議会や市民の理解を得られる編成ができるかどうか、注目される。」

 

九州の某市のことを年末に取り上げましたが、某市では住民説明会を開催されます。しかし、彦根市ではそのような気配は見受けられません。

 

市長は「丁寧な説明」という言葉を多用しますが、某市のようなことが「丁寧な説明」であって、唯一の予算編成権者である市長が、市民に語りかけ、批判を反映させるようでなければ、「丁寧な説明」は空虚に響くお題目でしかありません。言葉と行動が一致してはじめて、市民の理解が得られるのではないでしょうか。

 

もしも、記者会見だけで「丁寧な説明」を済ませようとするのであれば、記者の皆さんから厳しい批判を浴びせていただきたいと思います。

 

そのような姿勢が改まらない限り、昨年と同じような状況が招来することも考えられます。

 

市民の皆さん、2月、3月をしっかりと注目いただきたいと思います。

 

 

 


中期財政計画

彦根市では、市議会からの強い要望に答えて、中期財政計画を公表しています。https://www.city.hikone.lg.jp/material/files/group/108/chukizaiseikeikaku1-5.pdf

 

これによれば、令和2年度から令和5年度において、毎年20〜30億円の歳出削減を行うことにしています。

 

令和元年度には、10億円規模での事業削減を行いました。このことによって、市民生活に大きな影響がおこりました。それでも10億円規模でした。その2倍〜3倍の事業縮小にシフトするのです。おまけに、社会保障費などは社会の高齢化によって、増加することは明らかですから、現実的に増加分を考慮すれば25〜35億円の削減の可能性もあります。

 

どのような事業の削減・縮小が行われるのかは2月定例会の議案書が配布されなければ明らかにはなりませんが、今からそのための議論の準備に入っておく必要があります。

 

本来ならば、市長は、市民に対してどのような事業削減を考えているのか、1月中旬には示すべきだと思います。

 

議案書ができてからでは、昨年と同じようなことが再び起こるかも知れません。

 

今年1年も、市民を向いた政治のため、しっかりと頑張ります。

 

 

 

 

 

 


歳末の挨拶(全員協議会)

毎年、12月定例会閉会後に、議長と市長の歳末の挨拶があります。1年を総括する意味で、その中身が注目されるべきものです。

 

去る23日の12月定例会閉会後の「録画配信」の「令和元年12月定例会」の最後に収納されるはずです。通常3日後くらいにアップロードされますから、金曜日にはご覧頂けると思います。

 

馬場議長は5月に就任されましたから、およそ半年の感想をもとに話されました。2月定例会は前議長の安藤前議長の時のことでしたから、市長不信任案や当初予算否決などは話には出てきませんでしたが、それでも、5月臨時会以降においても、決して大久保市長の市政運営に及第点を与える程のものでなかったことは、このブログをご覧の皆さまならご承知のとおりだと思います。

 

市政運営について、「理事者と議会は車の両輪」という喩えで話されましたが、私は市民が求めている情報提供が本当に行われてきたのかと言わなければなりません。そして、常に議員はその監視機能を果たす為に議会での質疑に臨んでいるわけですから、市長に対してもっと厳しくてもよかったと思います。「繰り返しの答弁」や「部長の答弁のとおり」など、到底決裁権者の発言ではないと思います。

 

最後に、市長からも挨拶がありました。1年間の「成果」を列挙されましたが、そこに、市長不信任決議であったり、当初予算の否決、本庁舎耐震化工事の4回にもわたる入札など、市民に、そして議会に対するお詫びは殆どないに等しいものでした。

 

新市民体育センターも本庁舎もいずれも当初の事業費の1.5倍から2倍に膨れあがった責任をどのように受け止めているのか、詳しく説明すべきは市長の役割です。それが決裁権者の責任というものです。

 

たとえば、本庁舎の入札(2017年5月)においても、川嶋副市長(当時)に委ねていたかも知れませんが、応札した2社が40億円程度とした第2回目の再入札の後で、一気に10億円もの値引きがされた第3回目の応札額について、「どうしてそこまで安くできるのか」という単純な疑問すら持たず、周囲の言葉に騙された(とするのであれば)のなら、それは市長以前に社会人としての素養すらないと言われても仕方がないことです。第一、別の業者は1億円しか値引きをしなかったのですから、その差には歴然たるものがあったのですから。

 

たとえ、担当者であった副市長から「問題ない」と言われたとしても(元副市長の性格を知っている私としては、そのような言葉が発せられたとは思えませんが)、25%もの値引きが尋常でないと思うのが常識人です。本来、そこで「一旦立ち止まって」、副市長や担当部長から事情を聴き取る責任が市長にはあったはずです。その上で、裏合意を見つけられていれば、ここまでもの長期戦になることはなかったのです。

 

閉会前の最終議決(本庁舎工事契約とその補正予算)への討論で最大会派からも本当に厳しい言葉が浴びせられました。その直後であるにもかかわらず、予定された原稿を読むようでは、どうしようもありません。議場全体が白けた雰囲気に覆われていました。

 

私は会派に属さず、大きな旗振りはできませんが、常に市民と同じ目線で市政を監視し、そこで得た情報を皆さまにお伝えし続けたいと思っています。

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM