NPO法人スミス会議第11回総会

みずほ文化センターでの保育大会を終えて、急いで堀端のスミス記念堂へと急ぎました。記念堂ではスミス会議の総会が開かれていました。生憎、会議は到着までに終了しましたが、その後の交流会会場である源内さんでの昼食会には、遅れてではありますが参加できました。


20140830101 



8月は雨の週末という印象でしたが、久しぶりの暑い夏を体感することができました。

総会では、かつて発刊した「彦根の近代化遺産マップ」が更新されたので、これを使ってサポーター会員の募集を始めることも決定しました。

彦根には明治以降の日本の近代化にあわせて様々な近代化に向けた建物などがあって、それらが現在も残っていて、それらを紹介する「近代化遺産マップ」をスミス記念堂再築前に作成いたしました。その後、いくつかの近代化遺産(和光会館や鐘紡彦根工場など)が姿を消して、スミス記念堂は再築されました。これらを紹介する地図と、その裏面にはそれぞれの近代化遺産の紹介がされています。このマップとともに、缶バッジとポストカードを製作して、サポーター会員へのお礼とさせていただくことになりました。


20140830201


20140730006


スミス記念堂も再築後8年を経過して、あちこちに修繕を必要とするところが出てきました。

まだまだ市民からの認知度が低いこともあって、利活用が十分に行われているとはいえませんが、徐々にではありますが学校の校外授業や学会などでの利用も増えています。日本でも数少ない和風教会様式の建物を美しい姿のままに保存し、活用していくことで、パーシー・A・スミス牧師の彦根への熱い思いを、いつまでも残していきたいと強く願うものです。

サポーター会員についてのお問い合わせは、スミス会議の事務局(http://smith-meeting.com/)までご連絡下さい。また、スミス記念堂は冬期を除く毎週末(土曜日・日曜日)と祝日に開館しています。是非とも多くの皆さまにお越しいただきたいと思います。特に、堂内から彦根城天守閣を望む景観はとても素晴らしいものがあります。

20131206001


源内の店内では、いつの間にかスミス記念堂の子ども館長が2人になっていて(近藤事務局長のお子さんの2人目)、総会での事業報告の中で、そのお子さんたちと遊ぶことを目的として記念堂に来られる子どもたちもおられるということも報告されました。

子どもたちの旺盛な好奇心の中で、ノビノビと成長してくれることを願ってやみません。

さて、行政機関を揶揄する表現として「お役所仕事」という言葉が使われることがあります。これは、議員とともに市長をはじめとする役所の役職員全体で共有して肝に銘じておく必要のある言葉だと思います。特に、市民からの選挙という洗礼を共に受けた、議員・首長は、それぞれの選挙において公約した言葉に責任を負うべき立場であると考えます。

しかも、その公約において約束しなかった事柄は、既に議決され、あるいは粛々と進められてきた議論というものを尊重し、手戻りのない、迅速な事業執行を行う責任があると考える必要があります。今般の広島市の災害のように、15年以上前に議会で議論されたことがある土砂災害防止などは優先して行うべきものであると言えるでしょう。つまり、過去にも同じような災害が広島市では起こっていて、その時にも土砂災害への対応が議論されたようです。しかし、現実には同じような災害がまたもや発生してしまったということになるのです。

首長であれ、議員であれ、二元代表制というシステムの中で、民意を反映して粛々と執行していくのが首長の役割であり、議員の役割であると思います。有権者の判断を仰いでいないことを進めてはならないと思います。あるいは議会の決議や意見というものは軽くはないのです。首長の意見は議会というフィルターを通してこそ進めることができるものであって、議会という関門を回避していては独りよがりとの批判が必ずや出てくるに違いありません。

いよいよ1週間後には9月定例会が始まります。また、今回の議会からはインターネット中継が始まり、私たち議員も、市長をはじめとする役職員も市民の監視が強まることになります。

是非とも市民の皆さんは本会議の中継をご覧いただき、議員の主張、役職員の答弁、そして議会基本条例で認められることになった反問など、逐一をチェックしていただいて、「手戻り」のない市政運営に目を光らせていただきたいと思います。



スミス会議理事会

7月30日。夕暮れのスミス記念堂に参りました。総会を前にした理事会のためです。


20140730001 



20140730002



ふと、彦根城の方角を眺めましたら、石垣を猫が登っているではありませんか。まるで忍者の如く、石垣を一つひとつ登っていき、途中にある石の窪みに身を潜めていました。しばらくして、また石垣を登って、いずこかへと消えていきました。

さて、定刻が来ましたので、理事会が始まりました。

2013年度には、スミス記念堂へは512人の方々がお越しになり、見学をされました。特段の市内でのイベントがなかったためか、若干前年度を下回る結果に終わりました。

事務局長からの総会資料の説明のあと、市内の様々な問題を話し合ったり、有意義な時間が持てました。


20140730007


20140730003


外に出ると、ライトアップされた彦根城が正面に見える、この場所に記念堂を建設できたことは本当に幸せなことだと思います。

しかし、スミス記念堂が再築されて10年になろうとしている今、修繕すべき箇所も出てきています。そのための協賛金を集める手法として、缶バッジや近代化遺産マップ、スミス記念堂の絵はがきなどを製作して、協賛金のお礼にすることが来月の総会で提案されることとなりました。

市民の熱い思いで再築できたスミス記念堂をいつまでも美しく保存・活用していきたいと改めて痛感しました。


20140730005


20140730006


彦根という町の持つポテンシャルを更に引き出すために、これからも頑張りたいと思います。

帰り道、銀座商店街を通りましたら、商店主の皆さんが七夕飾りを準備されていました。夜遅くまで、ご苦労さまでした。





くちぶえとうたのライブ

12月6日午後。スミス記念堂で「くちぶえとうたのライブ」が開催されました。

くちぶえ&バンジョーギターの分山貴美子さんとうち&ピアノの辻本明子さんが出演されました。


20131206001 



20131206002



涼やかなくちぶえで心休まるひとときを過ごすことができました。

記念堂の中には約30人の聴衆。この小ささが一体感を作り出す効果があることも感じました。


20131206003


スミス会議専務理事の杉原さんの説明のあと、クリスマスソングやグレンミラーの曲目などで、来週から始まる12月定例会への力をつけていただくことができました。


20131206004


20131206005


この記念堂での小さなコンサートがいつまでも続きますように。


スミス会議通常総会

8月7日午前10時30分から、夢京橋キャッスルロードのうなぎや「源内」で、スミス会議の通常総会が開催されました。


20110807006


最初にセレモニーとして、長年スミス記念堂の開館に尽力いただいた杉原正雄様に、感謝状が贈呈されました。ご本人は少し体調が優れないとのことで、代わりにご令息の杉原専務理事がお受け取りいただきました。


20110807002


次に新しく事務局長に就任された近藤紀章さんが紹介され、同時に「子ども館長」としてお嬢さんの七生(なお)ちゃんに「子ども館長」のリボンがつけられました。とても愛くるしくて、きっと記念堂のお手伝いをしていただけると思います。


20110807103

引き続き、会議は木村副理事長の議長で進行され、1号から5号の5つの議案は一部修正を含めながらでしたが、無事承認されました。

その後、昼食をしながらの懇親でしたが、私はひつまぶしをいただきました。


20110807005


20110807202


20110807203


こうして無事に総会が終了して、会員は三々五々散会いたしました。

スミス会議も9期目を迎え、着々と体制も整いつつあります。しかし、課題として記念堂も修理の必要な箇所も出てきています。募金なども必要になってきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。






 

スミス会議監査

7月18日午前9時30分から、私の事務室へスミス会議の監査のため田島一成衆議院議員に起こしいただきました。

杉原専務理事立会のもと、帳簿を一通り目を通してもらい、無事に監査は終了いたしました。その席に理事として、同席させていただきました。


20110718601



田島代議士は今朝のなでしこジャパンの活躍をご覧になっていたようで、少し寝不足の様子でした。

監査が終了してから、少しだけ話をする時間を持つことができました。彦根市の抱える様々な問題点について、多方面からの検討をして、よりよい彦根市になるように、私のできる範囲で頑張りたいと思っています。

田島代議士も、国政における報道とは違う面での動きについてもお話しいただき、短時間でしたが、有意義な時間を過ごすことができました。


20110718602


まだまだ震災の後始末は続きますが、頑張っていただきたいと思います。



 

こども館長

彦根市立病院での作業の後、スミス記念堂にお邪魔いたしました。


20110709124


今日は土曜日で、開館している日です。

昨夜のスミス会議の理事会で話が出ていました新事務局長の近藤さんのお嬢さん・七生(なお)ちゃんを拝見に(失礼)。

今日も元気にご家族全員でスミス記念堂の守りをしていただいていました。


20110709122


20110709126


近藤さんに伺うと、やはり梅雨に入ってからは、来館される方も少なく、また梅雨明けした7月に入ってからは暑い日々が続いていますので、全く来館者のない日も続くそうです。


20110709130


20110709137


可愛い七生(なお)ちゃんの顔を見るためにも、一度、スミス記念堂にお越し下さい。土曜・日曜・祝日は午前10時から午後4時までは原則として開館しています。入館無料です。


20110709140


現在、記念堂の中には、解体・移築前の記念堂の写真や工事の過程などの写真も展示されています。

近藤事務局長から詳しい説明もしてもらえますので、お近くをお通りの折にでも、正面玄関が開いているのをご確認いただいて、ご来館下さい。


20110709135


スミス記念堂も、再築して既に4年が経過しました。修理の必要な箇所も出てきました。館内に募金箱もございます。今後とも引き続き、募金をお願いしたいと思います。

今後、森理事長をはじめとして、関係者がこの記念堂の再築に至った経過などの記録を作成する予定です。市民運動としての再築活動は、10年以上の長きにわたる地道な活動が継続できた結果だと思います。手弁当に寄付金も添えて活動され、既にご逝去された関係者の複数おられます。

そのような記録を後世に残すこともとても大切なことだと思います。多くの素晴らしい建築物が近代化という名の下に消えていった事実を踏まえ、この建物が人と人の絆によって再築したことも、そして建設当初(昭和初年)に国際交流と人と人の信頼関係がP・A・スミスという一人のアメリカ人牧師(滋賀大学の英語教師でもあった)の両親への思いが形として、この彦根という地に姿を形作ったのだと思います。

そんな「絆」をも感じていただける場がスミス記念堂です。

こども館長もお待ちしていますので、ご来館をいただけますように。


20110709144



 

スミス会議理事会

慌ただしい一週間も週末・金曜日を迎えました。

本日は19時から、私の事務所・事務室で、スミス会議の理事会です。


20110708001



スミス会議は5月末が事業年度末ですので、本来ですと、7月末までに総会を開かないといけないのですが、とにかく忙しい人たちばかりが理事ですので、なかなか理事会の日程が整わず、本日の開催となり、総会は8月7日と決まりました。本日の理事会の出席者は、森將豪理事長、小出英樹副理事長、木村泰造副理事長、辻博史副理事長、杉原正樹専務理事、田中由一理事、中澤啓子理事、西澤幹男理事、田中寿信理事、松岡一男理事、近藤紀章新事務局長と私でした(理事14名中11名+事務局長)。

今年の通常総会で第8回目を迎えます。平成15年6月14日に設立総会が開催され、同年9月24日に設立登記を終えたわけですから、8年が経過したことになります。

一昨年末に建設資金を完済して、少し中休みの1年でした。

本日の理事会は、8月7日の総会資料の確認をいたしました。開催場所は夢京橋キャッスルロードの「うなぎや源内」です。スミス記念堂からほど近く、総会終了後に歩いてスミス記念堂に行くこともできます。

スミス記念堂は文化庁の登録有形文化財に指定されていますが、それとは別に、彦根市の景観重要建造物にも指定されました。


20110708003


また、本日の理事会において、新しく事務局長に近藤紀章さんが任命されました。普段はNPO法人五環生活の事務局スタッフとして頑張っている方ですが、これまで毎週末にスミス記念堂を開館していただいていた杉原専務理事のお父様が高齢のため引退された後を引き継いで、毎週末に奥様と1歳の七生(なお)ちゃんとともに記念堂に詰めていただいています。

七生ちゃんは、次の総会でこども店長ならぬこども館長に任命されるそうです。

今から総会の日に出会えることを楽しみにしています。

理事会は午後9時に終わりましたが、その後、理事として出席されていた中澤県議と、政治の課題について話しあい、ようやく一日が終了いたしました。


20110708004


20110708002


新旧事務局長が並んで、「景観重要建造物」の銘板を見せてくれました。

明日は、ラ・フルールの会で市立病院の草刈り作業に参ります。これから夕食を摂って、休みます。





 

スミス会議理事会

2月18日午後7時30分から、辻事務所でNPO法人スミス会議の理事会が開かれました。

スミス記念堂は、昨年6月からの利用状況は、合計20回。展示会あり、コンサートあり、そしてセミナー、結婚式などに利用いただきました。この間、多くの見学者にもお越しいただきました。

スミス記念堂が再築して4年3ヶ月が過ぎました。数多くの市民の再築への願いが叶ってから、どれだけ多くの方々にご利用・見学いただいたことでしょう。

議題はいくつかありましたが、その一つとして「景観重要建造物指定」を受けるかどうかというものもありました。これは、「彦根市景観計画に定めた城下町景観形成地域にあって地域の景観を先導した建造物であることから、景観法第19条第1項の規定に基づき景観重要建造物に指定したい」として彦根市長から意見聴取が求められていたものです。

本日の会議で、この意見聴取に対して、建造物の名称を「スミス記念堂」から「スミス記念堂(旧須美壽記念禮拜堂)」と修正してもらうとともに、建造物の概要を「教会」から「もと礼拝堂」に修正してもらうことで、指定をお受けしようという結論に至りました。

市民全体の思いの詰まった「スミス記念堂」にまた一つ意義ある指定が受けられることは、市民全体の喜びであると思います。

また、1月に寺子屋力石が火災によって焼失したことを受けて、警備保障を充実させる方向で詳細な検討を進めることも決定しました。しかし、これにはランニングコストが発生することもあり、引き続きご寄付をお願いし続けなければならないと考えます。

彦根市における「市民と行政の理想的なパートナーシップ構築を実現させ、市民の自助努力により伝統ある彦根のまちづくりの拠点作り」がいつまでも続きますように願うばかりです。

理事のご家族の中には、墓石替わりにと、記念堂前に設置された高額寄付者名簿の取り付けられた石碑にご自分の名前が彫られたことに喜びを感じておられる方もあり、そのような波がこれからも続くことが、「市民と行政の理想的なパートナーシップ」の具現であると信じます。


スミス記念度20091213




スミス記念堂高額寄付者銘板除幕式とスミス会議通常総会

7月24日午前10時から、スミス記念堂高額寄付者のご芳名を刻した銘板の除幕式が行われました。


スミスからの彦根城


スミス記念堂は、昭和6年に建築された和風教会を平成18年12月にNPO法人スミス会議が再築した建物で、翌年9月21日に文化庁の登録有形文化財(建造物)に登録されました。

昨年12月25日に再築資金の全額の支払いを終え、その間に1,000人(社)を超える彦根市内外の方々や企業からご芳志を頂戴したもので、その中から高額のご寄付をいただいた方々を永く顕彰する意味で、スミス記念堂のいわれを記した石碑の裏にスペースを確保していたものでしたが、24日にようやくその銘板が完成し、取付が完了して、その除幕式が行われました。

除幕式では、スミス会議の森理事長、小出副理事長、木村副理事長に、地元本町二丁目の細江自治会長が紅白の紐を引き、石碑を覆っていた白布が取り除かれました。


除幕



100人(社)を超える高額寄付者の名前が記された銘板には、私が知る人々をはじめとして、志ある多くの方々の名前があり、広く彦根市内外の方々や企業が記されていました。


銘板


記念堂石碑


全国でも稀にみる、市民(彦根市内外ではありますし、企業もありますが)だけの手でこれだけの建物が再築されたことに大きな誇りを感ずるところです。このような取り組みにおいては、しばしば行政からの支援が行われるのですが、ことスミス記念堂においては、敷地を彦根市から無償で借用させていただいているとはいうものの、再築資金をこのようにして調達できたことは珍しいのではないでしょうか。

これは、平成8年に道路拡幅が計画された時に始まった市民運動の成果であり、最初に取り組みを始めた「スミス記念堂を彦根に保存する会」が、発展的にNPO法人スミス会議へと脱皮して、4,200万円にものぼる資金の調達が成功したものだと思います。

余りにも暑い日射しのため、除幕前の森理事長の挨拶も堂内で行われたのですが、参加者一同はここまでの永い道のりに思いを馳せていたことと思います。


森理事長挨拶


欄間



除幕式の後、10時15分から第7回通常総会が開催されました。


総会前の理事長と専務



森理事長の挨拶の後、木村副理事長を議長に選任し、会議は粛々と進行し、10時45分に新役員の選任も終えて、終了いたしました。

今回の役員改選では、設立以来監事の重責を担っていただきました北村昌造(彦根商工会議所会頭)様と大森修太郎(元彦根商工会議所専務理事)様の両名と理事の田島一成(衆議院議員・環境副大臣)様が任期満了退任され、新しく私も他2名の方とともに理事に選任いただきました。また、田島議員は公務多忙のため、理事会への出席もままならないため、朝倉克己元滋賀県議会議員とともに監事として引き続きスミス会議を見守っていただくこととなりました。

特に、大森監事は適切なチェックと指摘で任務を全うしていただいたわけですが、後進に道を譲っていただく形での退任だと理解しております。長い間ご苦労さまでした。

さて、スミス会議は再築資金のすべてを完済した今、設立当初の一つの大きな目的は達成したものの、NPO法人としての目的・事業である近代化遺産の再調査を行い、彦根の近代化遺産マップの改訂版を制作することも承認されました。

再築に取りかかった当時に制作したマップにあった近代化遺産の中から、現在のスミス記念堂に隣接して存在した和光会館は取り壊されてマンションに姿を変え、鐘紡工場群も住宅地に変貌してしまいました。

江戸時代に栄華を誇った彦根の町が明治維新という近代化の大波に揉まれる中で、新しい時代を取り入れようとした先人たちの思いのこもった近代化遺産を後世に伝える責任があるのは、現代を生きる私たちに他なりません。ともすれば江戸時代で途切れてしまったかのように思われている彦根の町を支え続けてくれた人たちの思いとともに。


銘板前で細江議員と



スミス会議新年会

 昨日、1月27日に、NPO法人スミス会議の新年会が行われ、正会員である私も参加させていただきました。

スミス会議は、昨年末に再築資金の完済を終えたばかりで、はつらつとした気分での、そしてスミス会議としては初めての新年会でした。

総額4,200万円の資金を市民や企業、そして全国各地の皆さまからお寄せいただき、文化財的意義のあるスミス記念堂(文化庁の有形登録文化財です)が長い道のりを経て再築できた喜びを共に祝うことができました。

敷地を提供していただいた彦根市からは松田副市長様、都市計画課、教育委員会文化財課からもご出席いただき、長い道のりの中で起こった様々な話を聞くことができました。


森理事長の挨拶

開会にあたって、森理事長から挨拶があり、共に喜び合える本日を迎えられたことの感謝が述べられました。

松田副市長様の挨拶には、長年スミス記念堂にかかわってこられた中で、スミス会議のメンバーを見ると、文化プラザや夢あかり館など、彦根市と深く関わっている人たちの集まりであるからこそ、夢と思われた再築が果たせたのだと強調されました。今後は「歴女」ブームに彦根市が生きていくべき事業の広がりに期待を述べられ、宴が始まりました。

料理は「鴨」。滋賀県湖北の冬の味を堪能することができました。


小島で出会ったひこにゃん


宴たけなわとなり、料亭・小島に居候をしているひこにゃん(もどき)が登場し、蠹鎮羃叛从猴佑ら提供していただいた石のひこにゃん争奪のひこにゃんジャンケンが行われました。私も最後のほうまで残ったのですが、残念ながら負けてしまいました。


ひこにゃんジャンケン


石のひこにゃんは、森理事長に、準優勝の屋形船ペア乗船券は、スミス記念堂を彦根に保存する会発足当時から再築に関わってこられた大舘さんがゲットされました。

宴終盤には、木村副理事長も東京からの出張帰りに参加され、スミス会議の正副理事長のそろい踏みといった感で、喜びを分かちあうことができました。


森理事長と木村副理事長


今後は、スミス記念堂をどのように活用していくべきかを共に議論し、彦根市の発展に繋げたいと思いました。




search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM