ネットのニュースに各地の議会が

インターネットのニュースサイトでは、それぞれのユーザーの傾向を見て、ニュースを並べているからでしょうか、私が閲覧していると、各地の議会のニュースが頻繁に出てきます。

 

その中から。

 

宇治市議会(京都府)で徹夜議会(委員会)

埼玉県議会で百条委員会設置

田辺市議会(和歌山県)では決算認定保留

与那国町議会では会期の間中、議長選挙で明け暮れ、40回以上も選挙が繰り返され、結局議長が決まらない

少し前なら、彦根市議会の百条委員会

 

このように、決して褒められることのないような議会風景ばかりが取り上げられています。

 

このようなことが続くと、市民は政治に無関心になり、決してよい結果を招かないのではないでしょうか。

 

もとより、それぞれのニュースには何らかの原因があって、そのような出来事が起こっているのでしょうが、市民の皆さんには、地元紙と言われるミニコミ誌などで詳しく事情を知っていただきたいと思います。

 

もう、10月も半ば。あと1ヶ月もすれば、12月議会の議案説明会が招集されることになります。

 

そして、彦根市では庁舎耐震化・増築工事の契約解除とそれに伴うこれまでに完了した工事費の精算についての民事調停が大阪地裁で開かれています。9月20日に1回目の調停が開かれ、10月17日に2回目、11月19日には3回目の期日が入っています。そして第3回目の期日で和解案が纏まるかどうか分からないと言っています(10月11日の9月定例会閉会後の囲み取材)から、場合によっては12月定例会で調停の和解案承認に至れない可能性も出てきたのではないでしょうか。

 

「透明性」を求めて調停という手法を採用したことが、裏目にでたのではないでしょうか。

 

そうであれば、市長の給与削減案(単年度制ですから、3月までの分しか提案できません)はどうなるのでしょう...。

 

 

 

 

 

 


関連する記事

search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM