友人たちからも...

地元紙を連日愛読しています東京など市外在住の方々から、批判の声が届いています。

 

テレビのレポーターとして、ペルーの日本大使公邸占拠事件(1996年12月〜1997年4月)を現地で取材するなどした政治に関心の高い友人であったり、某自治体の幹部を歴任した友人もが、いずれも彦根市の現状に嘆きの声を寄せています。

 

彼らが愛した彦根のまちがどうなるのか、本当に心配な様子です。本庁舎耐震化整備事業の裏合意問題にしても、今回の予算提案にしても、渦中にいる私たち以上に、このまちのことを心にかけています。

 

私たち彦根市民が、地方自治体の主権者として、当事者目線で積極的に声を上げなければ、本当にどうなるのか心配です。

 

例えば、長野で冬季オリンピックが開催(1998年)されました。多くの競技施設が作られましたが、そのいくつかは競技人口の関係もあって維持管理が困難となり、取り壊されたものもあります。毎年の維持管理費に窮してしまえば、そのツケは市民に回ってくるのです。

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM