中期財政計画

彦根市のHPに「中期財政計画」が示されています。https://www.city.hikone.lg.jp/shisei/zaisei/3/6098.html

 

そして、このほど示されたのは令和2年2月提出の中期財政計画です。ところが、HPの中では見つけることができませんでした。

 

中期財政計画とは、おおむねこの先5年間の歳入・歳出の見通しを立てて、それに基づいて来年度はどうなる、その翌年度はどうなるという計画があって、それに基づく予測を立てた結果のはずです。

 

すると、大筋での計画があって、この年度には何をしなければならないけれども、市税収入や国県からの交付金や補助金の見通しでは不足するから、仕方なく、あるいは将来の市民にも応分に負担して貰うべき部分もあるからと、その不足部分は残念ながら市債を発行する予定であるとして策定し、市長の決裁を受けて公表しているはずです。かつて、獅山議員が「市長はこの中期財政計画を決裁したのでしょう」と市長に問いかけたときに、不安なのか答弁に先立って市長席から振り返って、職員に確認していたというのを見ました。市長自身が決裁をしたのかどうかを記憶していないという、情けない状況を目の当たりにしたことがありました。

 

さて、この中期財政計画では5年間の基本的な方向性が出ているわけですから、余程の突発的な事件でも起きない限り、歳出の見通しもできているはずですから、それを賄うための市債発行の傾向には変動がないはずです。ところが、今回公表された中期財政計画では、それが前年度の計画の市債発行額が大きく増加するようになっています。平成31年度(令和元年度)の決算見込みに基づく平成31年度の実績見込みにおいては市債発行額が減少していて、その分も含めて令和2年度については平成31年2月の中期財政計画の平成31年度市債発行額よりも減少していますが、その原因は庁舎工事が遅れた結果であろうということは推測できます。

 

しかし、それならば令和3年度以降については大幅に市債の増額の理由はないはずではないでしょうか。出てきた数字をサラーッと見ただけでも、合理性のないことが分かります。

 

つまり、「計画」が計画になっておらず、辻褄合わせで積み上げただけのものではないかと考えざるを得ません。それは、財政調整基金の取り崩しを厳しく指摘され続けてきたので、それを補填する財源としては市債発行に頼らざるを得ないからに他なりません。

 

私なりの分析結果は以上のとおりですが、果たして市長の考えは、どのようなところにあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM