質疑・一般質問

3月4日は私の登壇日。個人質問では11番目でした。商工会議所女性会のメンバー(16名くらい)が研修委員会の企画として傍聴に来て下さいました。代表質問の日に個人質問が1人でも入っていれば、私の登壇時間と女性会が傍聴に来られるタイミングが合うかも知れないと思っていましたが、ずれ込んでしまって、私は午後からの登壇になりました。でも、何人かのメンバーは再び議場に戻って下さって、私の質疑・質問を聞いて下さいました。ありがとうございました。

 

さて、今回は少し欲張ったせいで、項目数が多かったのと、市長への再質問に時間を取られてしまって、幾つかの質問が積み残しになりました。質問時間(30分)の制約があって、収まらなかったのです。

 

ということで、本庁舎工事の施工監理に関する質問は6月定例会に持ち越すことになりました。

 

そして、本来なら4日の個人質問の後にあるはずだった追加議案の説明会は5日に延期になりました。

 

ところが、5日は9時00分の開会予定時刻になっても、一向に理事者側席に人がいませんでした。

 

県内で新型コロナウイルス感染者が見つかったと言うことで、中央町の仮庁舎(危機管理室)で対策会議が開かれていて、一旦、午前9時09分に議長が開会を宣言したものの、直ちに休憩に入りました。

 

ネット中継では午前11時00分に再開予定と出ていたようですが、これも延期になり、午後1時00分に変わったそうです。

 

しかし、5日に登壇予定であった5人はやむを得ず質問を取り下げて、行政の緊急事態への対応を優先しました。

 

このような経験は初めてでしたが、すっきりとした気分ではありません。折角のネット中継設備があるのですから、これを活用して市民に説明があっても然るべきだったと思います。

 

このような非常時にこそトップがリーダーシップを発揮すべきですし、そうでなければ480億円の予算を預けることはできません。

 

 

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM