浜矩子さんのエッセー

AERAに経済評論家・浜矩子さんがエッセーを寄せられました。

 

「縮減した経済活動を救うためには、財政は黒字基調が基本であるべき」〈AERA〉

 

全文をご覧下さい。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00000020-sasahi-bus_all

 

この中に、「財政は、やっぱり黒字基調が基本だ」という一文があります。それを見ると、彦根市の財政状況が危機的状況に向かっていることを心に留めておかなければならないと思います。

 

国会では、国民に1世帯10万円とも言われている現金給付の話がでていますが、「お肉券」、「お魚券」とか「商品券」などで配るとか、所得制限をかけるなども言われています。明日にも困る人たちがたくさんいます。いずれにしても地方自治体が事務処理をすることになりますから、手間をかけずに国民に行き渡るようにすべきです。いろいろなチェックや印刷などをすることによって、時間と手間がかかるようでは、緊急性のあるこの異常事態に対処できないと思います。また、地方自治体の人的負担(事務費用は国が負担のはず)を少なくするためには、簡素な方式にするべきだと思います。条件付きだとか、商品券などとしないことを切に願うばかりです。ただし、いささか複雑にはなりますが、子どものいる世帯には、増額をしてあげてもらいたいものです。

 

 

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM