6月臨時会(1日目)

住民投票条例制定を求める直接請求に基づく臨時会と合わせて、理事者側から「調停の申立について」という議案が上程されました。この議案はテレビでも報道されました、庁舎耐震化工事のいわゆる「裏合意」問題に端を発しています。

 

もう一度、庁舎耐震化工事についておさらいをしておきます。

 

2012年9月定例会に当時の獅山市長から耐震工事の詳細設計予算案が上程され、可決いたしました。そしてその設計図は2013年5月に完成の予定でした。

 

ところが、4月に行われた市長選で、獅山候補が落選し、大久保市長が就任しました。そして9月定例会で耐震工事の見直しを発表しました。その理由は「財政問題」でした。当時、約29億円だった見積金額が大きすぎるということでした。

 

 大久保市長は有識者による検討委員会を設置して、耐震工事の工法を獅山案の「一般耐震工法」から「制震工法」に変更(約3.6億円費用増加)することとし、その分、庁舎裏の県有地も取得せず、そこに建設予定の立体駐車場も建設せず、更には増築規模も約6分の1に縮小する案を議会に提案しました。

 

しかし、駐車場不足やワンストップサービスを求める声とともに、増築面積が少ない(前面の1階建を増築する)ことで2階以上は現庁舎に施す「ブレース」という部材が丸見えになるという問題もあって、市長が提案する案には議会はことごとく反対をいたしました。だから、建築費がそれなりにかかることは承知していたことになります。なぜなら、「制震工法」を認めた段階で、単純に獅山案よりも4億円以上かかることは分かっていたわけです。

 

そして、2015年秋に議員全員による特別委員会において、4つの案(A案〜D案)のうち「D案」を委員会が採用し、前進するものと思ったのです。ところが、2016年春に熊本地震が発生したにもかかわらず、同年秋に議会に提案した債務負担行為の額は約32億円で、それはD案の見込金額とほぼ同額だったのです。熊本地震のみならず、東京五輪の影響もあって、工事請負金額が増加するのではないかと心配していたのです。

 

その後、条件付一般競争入札が行われ、5月18日に開札されました。ところが、市長が予め定めた予定価格(上限)は約29億円(税抜)であったため、応札した2社ともに41億円であったため、再入札を行ったのです。

 

しかし、工事業者が40億円以上と見込んだものが、10億円以上下がると考えた市側の判断も常識外れですし、そもそも、D案(熊本地震前)の金額が約32億円だったことを前提とすれば、熊本地震や東京五輪がなかったとしても問題のある価格設定だったと言わざるを得ません。

 

そして、このような不都合があったことが原因となって、いわゆる「裏合意」が行われて、彦根市始まって以来の百条委員会が設置され、現在その調査が進んでいるところです。

 

さて、このような経過を辿った工事請負契約は5月に工事が中断したままとなっています。この工事の合意解約と出来高の精算をするために調停を申し立てる議案が上程されたのです。

 

しかし、議会前の全員協議会において「詳細は改めて提出する」と言いながら、全員協議会と全く同じ文書を提出し、調停をどの裁判所に申し立てるのかも決まらないままに提案されたところです。しかも、調停という手段が「透明性と適法性を確保するため」など、本当に調停手続きを正しく理解して提案されたとは到底思えません。

 

調停というのは、場所は裁判所で行いますが、あくまでも話し合いによって譲り合った上で決着をつけるものであって、調停の中身は「非公開」ですから、「透明性」の主張は全く違うのです。

 

質疑に立った4人のうち3人は積極的にこれらの問題点を突きましたが、納得のいく答弁はありませんでした。討論では反対議員が積極的に登壇しましたが、賛成議員からの討論は1人でした。しかしながら、採決では賛成16、反対7と、討論の人数とは違う結果となりました。

 

この後は、7月10日に2日目が行われ、住民投票条例についての質疑、討論の後、条例が制定されるかどうかの結論が出されます。6,000人を超える市民の皆さん。是非とも7月10日午前9時からの本会議を傍聴いただき、市長の答弁、各議員の討論、採決を確認いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 


市立病院でのボランティアのお手伝い

私の友人が市立病院の入院患者さんへのボランティアに行くとのことで、そのお手伝いに出掛けました。

 

帰りに前庭を見ましたら、私の好きな紫色のあじさいが満開でした。

 

 

20180627001

 

 

20180627004

 

 

20180627002

 

 

友人のボランティアは、ギターの演奏です。病室では大声を出すことができませんが、この時間の4階デイルームでは可能です。

 

入院生活での、ほんの僅かな時間でも、気分が元に戻れますように。

 

 

さて、明日(28日)は、6月臨時会が開かれます。明日の審議は、庁舎耐震化工事の契約解除と出来高精算を「調停申立」することの可否を問うものです。

 

議案書には「透明性の確保」という文言が入っていますが、調停とは「裁判所の調停室を借りて行う」話し合いに過ぎません。基本的に調停委員は妥当であるのかどうかを積極的に判断することは少ないと思います。家事調停の養育費などのように常識的な数字が公開されている場合ではないわけで、工事がどれだけ完成したのかというのはプロでないと判断できないはずです。

 

しかも、来年秋に予定されている消費税増税を考えるなら、来年3月に残工事に着手していなければなりません。すると、残工事の工事請負契約の締結は年内に済ませなければならないはずです。そこから逆算して、この調停に使える時間は僅かしかありません。私は、契約解除ができていない状況での残工事の新規契約は問題ありだと考えています。

 

すると、後ろが決められているならば、妥協しなければならないのは彦根市側ということになります。妥協するということは、相手の要求を呑むことになるでしょう。

 

また、余りにも早く決着が付くというのも不自然な感じがします。

 

だから、「調停」という法制度を利用した「官製談合」ではないかと批判されるのです。

 

おまけに、その出来高を払うのは市民の納めた税金なのです。そのことを、どのように考えているのでしょう。市長の考えていること、顧問弁護士の考えていることは、到底理解できません。

 

明日、どのような判断を議会がするのか、注目いただきたいと思います。

 

 

 

 


6月臨時会質問

週末に6月定例会の経過などについてご報告する予定でしたが、6月臨時会の住民投票条例案に対する市長意見書への質問を書く必要があり、ご報告できませんでした。

 

市長からの意見書が付された条例案について、市長の意見に質問を投げかけることで、条例請求の正当性を主張することになります。

 

百条委員会といい、直接請求といい、初めてのことで、2月定例会以降、怒濤の毎日です。

 

ということで、6月定例会についてのご報告は、もう少し時間をいただきたいと思います。


市長辞職勧告決議案

6月定例会最終日。市長辞職勧告決議案の他、いくつもの決議案、請願、意見書の採決・採択が行われました。個別の事柄については週末に書き起こしてみますが、これだけの提案があったのはなぜなのかを考えてみる必要があります。

 

議会の録画配信は水曜日ころになるのではないでしょうか。討論の逐一などは、こちらをご覧いただき、誰(どの会派)がどのように考えているのかの確認いただきたいと思います。


不穏当な言動

先日のG7で、ある大統領が不穏当な発言をしたと報じられました。その大統領は政治を商売上の取引のように駆け引きを当然の如く行い、他国の負担など、お構いなしの傍若無人の振る舞いが続いています。

 

このような政治家は、彼の国だけでなく、日本においても、そして彦根市にも存在してほしくないですね。



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM