企画総務消防常任委員会

8月7日午前9時30分。本庁舎耐震化整備事業建築工事の再々入札が開札されました。

 

開札直後から、不調であったこと、応札が2社であったこと、入札金額がいくらであったのかなど、情報が市内を駆け巡りました。

 

さて、その結果ですが、指名した業者のうち、2社が札を入れ、2社とも公開されていた予定価格を超過する金額で、直ちに不調と決定しました。

 

午後1時30分から企画総務消防常任委員会が開催され、詳しく報告があり、委員から質問等がありました。私は委員会委員ではありませんが、傍聴いたしました。

 

予定価格(公開) 24億8,300万円(税抜き)

飛島建設大阪支店 29億6,000万円(税抜き)

佐藤工業大阪支店 35億円(税抜き)

と公表されました。少なくとも約5億円、もう1社は約10億円も予定価格との開きがあります。

 

前回(再入札)不調後に、知り合いの建築士の方から聴き取った情勢では、応札(再入札)した業者以上に安くできる業者はないだろうというお話しでしたので、金額については兎も角として、全社辞退すら想定内でした。

 

建築工事では専任の技術者を配置する必要があり、その配置に当たっては地元業者が有利(経費が少なくてすむ)であることは明白で、素人の私でさえ分かることです。それが大阪などから10人程度(だと建築士の方から聞きました)を常駐させれば経費が増加するのは明らかです。

 

わずか10分程度の専門家への聴き取りで出てくる答えを、「これだけの差額が出るとは想定していなかった」とか「設計価格が適切であった」などという説明を聞いていたら、情けなくなってきました。建築の素人が収集できる情報すら入手していない(できない)ようであっては、行政のシステムが機能していないと批判されても仕方がありません。

 

委員会では様々な質問が出ていました。当初から落札は無理だろうとも言われていましたので、入札不調は予測済であるかの如く、委員会は平穏だったようにも感じられました。半ば諦めに近い感じすらいたしました。

 

それでも、委員会後の囲み取材に市長は「1日も早く工事を再開することで責任を果たしたい」と、同じ説明の繰り返しです。一体、何度目の「完成させることが責任を果たすこと」なのでしょう。大久保市長が「市長でいること」が、完成しない唯一最大の原因だということをなぜ認めようとしないのでしょう。

 

今後、入札業者への聴き取りなどを行って、今後の方針を決めるそうですが、工事遅延の期間が伸長します。市長は、3度もの入札不調の責任をどのように取るつもりなのか、22日に開催予定の全員協議会での説明を待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 


除草剤(続報)

次のような記事が配信されています。

 

取り敢えずの「可能性」ですが、気になる記事であります。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00010004-newsweek-int

 

また、7月25日に掲載されました記事は以下のサイトです。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20190725-00135499/

 


金亀公園除草剤

7月25日に金亀公園の除草剤散布についての有害性について、支援者の方から連絡を受けました。

 

早速、その方から事情を伺い、私も所管課への問い合わせをいたしました。市民の声を受け、下記の新聞記事(本日付しが彦根新聞)のとおり、延期、薬剤変更という運びになりました。

 

健康被害に直結する可能性を防げたと思います。

 

20190731101


巡回市長室

これまで、大久保市長は「巡回市長室」を継続して開催してきました。しかし、それは地域の問題を聞くという形で、いわば「御用聞き」のような形式でした。今回の「巡回市長室」は、「例年、市長が市内各地に出向き、地域の課題を市民の皆さまとお話をする『巡回市長室』を開催していますが、今年度は、市の課題や政策を市民の皆さまに知っていただくとともに、意見交換を行う市政報告会として開催しますのでお知らせします。」として、はじめて広範なテーマを対象として行われるようです。http://www.city.hikone.shiga.jp/0000013607.html


新ごみ処理施設建設にかかる意見交換会

20190720201

 

 

 

7月20日。彦根愛知犬上の新ごみ処理施設建設にかかる意見交換会が豊栄のさとで開かれましたので、参加いたしました。参加者は約200人ほど。各応募地はもとより、関心の高い市民・住民も参加されました。そして、壇上には彦根市長をはじめ、4町長・彦根市副市長は並んでいました。

 

「意見交換会」の意味がよく理解できなかったのですが、ある意味、各地元に喋らせてあげよう、くらいの気持ちだったのか、「意見交換の場」とは到底言えない状態でした。

 

しかも、管理者である市長への質問に対しても、いつものとおり、質問の趣旨に的確に答弁・説明するというようなものではありませんでした。

 

末尾は、配布資料をトリミングして、お知らせいたします。

 

 

 

なお、同種の図面であっても、縮尺が異なっているものがあるようです。

 

さて、中には聞き捨てならない情報を発表された方もありましたが、万一事実であれば、大きな問題だと感じました。

 

ところで、管理者である彦根市長は、候補地を竹原に決定した際の発言で、大きな落とし穴を自分で掘っています。つまり、選定委員会の順位づけで1位だった下西川町について、2つの理由で除外したと発表したことです。1つは「農業振興地域」であることと「軟弱地盤」であることを理由にしたからです。「農業振興地域」と「軟弱地盤」の図面は資料のとおりです。「農業振興地域」であることがダメな理由であれば、他の「農業振興地域」はどうなるのでしょう?

 

質問の中でも圃場整備に国の補助金が使われていた場合には、それを国へ戻す必要が出てくる可能性があると指摘されていました。

 

「軟弱地盤」と「浸水」とも同時に考える必要がありますし、候補地を「決定してから環境アセスメントを行うので、現段階での周辺への気温上昇の可能性は考えていない」という答えがありましたが、そのような行きつ戻りつの状況でよいのでしょうか? 全く「無駄な費用と時間」ということに無頓着であってはならないはずです。

 

更に、竹原については2,000mもの新設道路が必要になるとしています。選定委員会での採点においては、道路の費用は少なくてすむと結論づけていますから、前提が崩れます。この道路新設にはかなりの金額が必要になります。これは、周辺自治会から通学路の問題が指摘されたから、進入路を変更したものと思われます。つまり、選定委員会が採点した前提とは変更になっているのです。それならば、選定委員会の採点の一部については根拠がないことになります。

 

他にも、竹原に決定するならば、現在の清掃センターにおいてパッカー車から大型のパッカー車への積み替えをするという考え方についても異論が出ました。

 

管理者である市長の説明は合理性があるとは到底言えるものではありません。

 

今後、というより、既に、かも知れませんが、管理者会議での意見集約をどのように取り纏め、広域議会に提案するのか、関心を持ち続けなければなりません。

 

 

 

 

2019072000120190720002201907200032019072000420190720005201907200062019072000720190720008201907200092019072001020190720011201907200122019072001320190720014

 

 



search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM