9月定例会代表質問

9月13日、午後4時過ぎから今議会の3番目の代表質問者として登壇いたしました。

所属するガバナンス21・リベラル21統一会派から、全部で8つの項目について質問をいたしました。

1 彦根市の財政状況と平成23年度への展望

     歳入と歳出のバランスについて

     ・「中学校給食の優先順位は高い」への期待を込めて
2  建築基準法の改定による法定外道路の追加について

3 お父さんの育児参加(改正育児休業法)について

     改正育児休業法で何が変わったのか

     育児休業中の給与及び育児休業給付金について

    ・ 男性の育児休業取得が進まない理由は
 彦根市における小規模工事等の発注について

5 湖東医療圏の保健医療計画は

     湖東医療圏の4病院の役割は

     療養病床の必要性について

     訪問看護ステーシヨンの重要性について

   ・  院内市長室設置における市長の見解は
 多重債務者の救済はできるか
7 
「彦根市災害時要援護者支援制度」の問題点
 長寿世界一日本の不思議発見


自治会の組織改革検討委員会

先週の水曜夜、自治会長である夫の帰りは大変遅かったので、どうしたのかと思っていましたが、朝になって聞いてみましたら、午後7時30分からの組織改革検討委員会が午後10時まで長引いたとのことでした。

4月7日に第1回の委員会が開催されたのですが、以後6月9日、7月14日、8月4日と毎月開催され、9月8日で第5回目の委員会でした。 7月までの委員会は1時間半で終わっていましたが、8月は2時間半、そして今回も2時間半という長丁場でした。

しかも、当初予定の9月末開催予定を前倒しして9月14日にも開催することを決定したそうです。

委員会構成は80歳代が1名、70歳代が2名、60歳代が1名、50歳代が3名と40歳代1名です。いわば、開町以来からの住民と、そのジュニア世代で構成されていることになります。

先日配布されたアンケート結果を受けて、その中で出てきた意見の分析をはじめ、それに対する対策があるのかどうかを検討していたそうです。しかし、充分な結論が出ないため、追加の委員会開催となったようです。

平日の夜に行われる会合での白熱した議論は、自治会の将来(それも近い将来の起こる可能性の高い高齢化問題をはじめとする諸課題)を憂いてのことのようでした。

委員会の議論の中では、住民が本当に危機感を抱いているのかどうかに疑問を呈する意見もあったようです。現実を示して再認識してもらうべし、ということで、再度のアンケートを行うことになったそうです。そのためには、視覚から訴えるということで、現在と10年先の各班ごとの年齢構成をグラフにしたそうです。その資料を添えたアンケートを再度配布し、それを受けて9月末の委員会での成案づくりに入りたいようです。何しろ、来年の役員選出に間に合わせようとすると、10月の末には会則改正の臨時総会を開催しなければならないからに他なりません。そのためには毎週でも委員会を開催するようでする。

他にも課題はあるようで、。隠業病寮を6班体制にすること、¬魄の選出方法と職務を整理すること、C楼茲励を創り出すための役職を設置すること、し荵惨を変更(3月末→2月末)するものの、役員就任の時期は4月1日からとすることがうるようです。しかも、会則改正が承認された暁には、新しい役員等の選出方法に則った様々なプロセスを実行しなければならないため、その工程表
の作成が必要となってきます。委員会にはまだまだ大きな仕事が残っているようです。

是非とも大多数の住民が班の再編を柱とする会則改正に理解を示し、賛意を表していただけるよう願っています。

いよいよ、明日は代表質問での登壇日です。



東中学校体育大会と池谷幸雄氏

秋晴れの9月9日。そういえば今日は重陽の節句です。菊の花が香る季節ということです。しかし、今年の残暑はそんな秋の風情を感じることのないところです。


彦根城0909001


彦根城天守閣も秋空に、いつもどおりに聳えています。


彦根城0909002


今日は体育関係の行事が二つ。といっても、一つは本当の意味での体育行事である中学校の体育大会。もう一つは先日の参議院議員選挙比例区で残念ながら落選された池谷幸雄氏との懇談会。

池谷氏にお会いするのは4月7日以来です。

西今町の「魚忠」(東国原知事がサプライズで訪問した)で会食をいたしました。

池谷幸雄彦根01


夫が所属していました彦根青年会議所(JC)の少し若いOBが主体で集まっておられる中、参加いたしました。池谷氏が仰るには、今の子ども達に欠けているのは運動能力だと。テレビゲームの発達で屋外に出て嘘部ことが少ない子どもたちの現実があり、安心して身体を動かす環境が少ないこともその理由の一つです。

10歳までの子ども時代に身体の基礎が作られるとのことで、健康な身体づくりをすることが将来の医療費の削減に繋がるとのことです。確かに、現代において大きな社会的負担に医療費があり、生活保護費があるのです。小さい時から運動をしていることで、壮年・老年になっても健康でいられる基礎固めができるという主張には共感いたしました。私たちの世代は、今のようにテレビれ゛ー無もなく、ひたすら外で遊んでいたものですから、ひ弱に見える私でさえも、けっこう元気でいられるのではないでしょうか。


池谷幸雄彦根03


そして、5ヶ月ぶりの再会を記念してツーショット。


池谷幸雄彦根02


決して大きな体躯ではありませんが、鍛えた身体からにじみ出てくる力強さを実感いたしました。

帰りがけの僅かな時間でしたが、JCのOBの方たちと、いろいろな話題について話すことができたことも良かったと思っています。政治は実行ですから、どれだけ他の町がしていることを調べてみても駄目だということです。彦根市の現実に即したものであるかどうかの検証を充分にした上での、建設的な提言でなければ、単に知識の披瀝にしか過ぎません。それを実行するための支障が彦根市にはあるのか、ないのか。支障があるとすれば、どうしたらその支障を取り払うことができるのかを考えた上でなければなりません。それが智慧というものです。「知識」は学問においては重要ですが、政治において「智慧」を出さなければなりません。


それが終わった後は、県立彦根陸上競技場へ移動し、地元の東中学校の体育大会を見に参りました。


中学校体育大会01


若い頃から運動に慣れ親しむべきだという話を聞いた後ですから、中学生の一生懸命さに感動いたしました。残念ながらプログラムの最後にある「集団演技」だけしか見ることができませんでしたが、それよりも、木村輝男校長先生といろいろな課題について話すことができたことが大きな収穫でした。


中学校体育大会02


なぜ、この暑い8月に2学期の始業をするのかとか、その分の休みはどこへ行ったのかなど、現場の先生しかご存知ない事情を知ることができました。


中学校体育大会03


右手奥に佐和山城趾を望むこの陸上競技場で行う体育大会は、彼らにとって思い出深い記憶の1ページになることでしょう。

私にとって、体育は苦手な教科の一つでしたが、池谷氏の話を聞いた後では、もっとしっかりと運動していればよかったのに、との遅い反省が頭をよぎるのでした。


彦根市はこれから最も素晴らしい季節の一つである秋を迎えます。琵琶湖を渡る風が心地よく感じることでしょう。


彦根城0909004



彦根城0909005


是非ともこの素晴らしい季節に、日本の秋を満喫するためにお越しいただけるのを楽しみにしております。

虫の音を聞く会、ゆるキャラサミット、キャンドルナイト、小江戸彦根の城まつりなど、多くのイベントが目白押しとなります。

清々しい空気を胸に、明日への活力づくりに、どうぞ彦根へ。


事務所に戻りましたら、新聞社の方から、今回の民主党代表選についての質問の電話が入ってきました。これで4社目です。報道によれば、勢力が拮抗している中での、情勢分析の材料とするためでしょうが、私の感想と共に民主党サポーターの思いを伝えて、電話を切らせていただきました。






 


自治会一斉清掃

9月5日、日曜日、地元千鳥ヶ丘自治会の一斉清掃が行われました。

昨年までは年に2回だったのですが、今年は1回に変更されました。毎月ではありませんが、第1日曜日か第3日曜日に限られていて、しかもヘドロや刈った草を運ぶトラックの手配(清掃センターがしてくれます)の関係もあって、200以上もある自治会からの要望どおりにいかないのが実情です。


溝掃除01


以前に比べて、ヘドロの量が少なくなったのは、下水道の整備のおかげかと思いますが、それでも、山に囲まれた当自治会では、側溝に流れてくる山からの土砂がそれなりの量になり、今年も2台のトラックが大忙しでした。


溝掃除02


以前から申しておりますように、当自治会の3分の1は高齢者のいる世帯ですが、それぞれのできる範囲での作業をしていただき、 山の斜面の草も刈られ、側溝のヘドロや泥も除去されて、美しい町がよみがえりました。


溝掃除03


トラックに積み込む作業は、これから益々高まる高齢化率を考えたとき、できるのだろうかと心配をしたりします。

みなさんが励んでいただいたお陰で、美しくなるのは喜ばしいことですが、この異常な高温で熱中症にならないか心配な半日でした。幸いにして、そのようなことはなかったようですが....。

いずれ、外部委託に頼らざるを得なくなるのではないかと思いますが、それよりも先に、世帯数・人口の減少のほうが先立つ心配です。


平成22年9月定例会議場コンサート

いよいよ、9月定例会が始まりました。

彦根市議会では、第8回と、恒例になりました議場コンサートが6日午後から開催されました。

午前中は議案説明があり、午後から、このコンサートです。コンサートを楽しみにしておられる市民も多く、議席に多くの市民の方々が来場されました。

今回のコンサートは、真木玉子さんとその仲間の出演で、ピアノ独奏とギター独奏の二つを3部構成で行われました。


0906議場コンサート01


今回の議会は、平成23年度当初予算に対して私たち議員が「このようにあってほしい」と訴える機会でもあります。


0906議場コンサート02


私も、ガバナンス21・リベラル21統一会派を代表して質問をいたしますが、4名の議員それぞれが持つ思いもあるわけですから、その思いを伝えきれるか、思い切りぶつけてみたいと思っています。


0906議場コンサート03


市民が議会にどんどん傍聴に来ていただくことを目的としてこの企画が始まって、まる2年が経ちました。これが、コンサートだけではなく、議会そのものの傍聴に繋がることを願っています。


0906議場コンサート06


阿久根市では、議会で「通年議会」の条例が可決されましたが、市長がその条例を公布しないという異常事態が起こっています。先のいくつもの専決処分が「議会を開催するいとまがないとき」に行われたとすることへの対抗手段であったわけですが、専決処分はもとより、条例の公布も行わないとなると、議会軽視も究極まで来たな、という印象です。

確かに市長も公選で選ばれたのですが、議員も同様に公選で選ばれているのです。

このような異常事態を引き起こし、更には敢えて言わずもがなの台詞を市職員に言う(公務員はリコールに関われないことを副市長が伝えたようです)などとは、議会制民主主義を葬り去ろうとでもしているのでしょうか。まして、市長ご自身が元議員であったのに、です。

幸いにして、というより、そのようなことが起こることすら想定されていないのが法治国家の法律というものです。早くにこのように事態が解消しますように。

 


search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM