民主党滋賀県第2区総支部連合会定期大会

3月28日。朝からひこね燦パレスへ。

私がサポーターとして参加しております民主党滋賀県第2区総支部連合会の定期大会に、司会として参加いたしました。

民主党大会2


この大会の司会の大役をお引き受けして、少し緊張いたしましたが、無難に終えました。

政治の抱える問題は様々ありますが、景気を上向ける必要性と、そのための方策の確立こそが喫緊の課題です。


民主党大会1


新しい年度の始まりに向けて、広く市民の切実な声をくみ取れるように努力したいと実感いたしました。

 

千鳥ヶ丘自治会総会

生活習慣病市民フォーラムを終えて、自宅に引き返し、地元自治会の総会へ。

昨年5月の新神社春季祭礼や地蔵盆・文化祭・健康講座などを無事に終えて、1年間の事業が完了した自治会の役員の皆さん。本当にご苦労さまでした。決算も承認され、予算については一部修正がありましたが、新役員も決まり、新年度にも「健康講座」が開催されるとのこと。


千鳥ヶ丘自治会総会


新役員に期待をしたいと思います。



 

生活習慣病市民フォーラム

3月27日午後1時30分。生活習慣病市民フォーラム「動脈硬化がひきおこす怖い病気」の受付開始時刻です。

少しの余裕はあるのかと思いながら、ひこね市文化プラザメッセホームに行きましたが、会場はぼぼ満員。開始時刻には満員になるのかと思っていましたが。


聴衆


残っていた前の席に座ることができましたが、これほど多くの聴衆が参加していることを初めて知りました。

これまで公務にまぎれてフォーラムの開催を見落としていたのかもしれませんが、これだけ市民の関心が高いことを改めて知りました。



辻真理子メッセ


今回の主催は明日テラス製薬と日本ベーリンガーインゲルハイムの2社。彦根医師会と彦根薬剤師会の後援での開催です。

彦根医師会の曽我会長の開会挨拶に続き、4つの講演がありました。


曽我医師会会長


「糖尿病が招く動脈硬化」 彦根市立病院黒江彰医師
「足の痛みは動脈硬化が原因?」 彦根市立病院宮澤豪医師
「心臓に動脈硬化がおこったら」 彦根市立病院綿貫正人医師
「動脈硬化がひきおこす脳卒中」 彦根市立病院金子隆昭医師
この4つのテーマで約30分ずつ講演がありました。


日村医師


後半は、彦根市立病院日村好宏医師の司会で、講演された4日の医師への質問コーナー。


パネル


市民の健康に対する日常の疑問が解消され、健康に対する意識が高まったことを実感いたしました。




 

歴史手習塾開講

私の友人が館長をしています「ひこね市文化プラザ」では、次のとおり、「ひこね市民大学講座2010 歴史手習塾」を開講されます。

セミナー1
4/9 18:30〜20:00
 江戸のイメージの変化 講師:大石学・東京芸術大学教授
4/16 18:30〜20:00
 江戸にもあった政権交代 講師:同
4/23 18:30〜20:00
 江戸の教育力 講師:同

セミナー2
5/12 19:00〜20:30
 佐和山城をめぐる攻防戦 講師:中井均・NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長
5/19 19:00〜20:30
 肥田城の水攻めと野良田合戦 講師:同
5/26 19:00〜20:30
 山崎山城 安土・佐和山の中継点 講師:同

セミナー3
7/6 18:30〜20:00
 龍馬が遺したモノ! 講師:佐藤宏之・法政大学講師
7/16 18:30〜20:00
 安政期の政局と大河ドラマ「篤姫」 講師:野本禎司・一橋大学講師
7/23 18:30〜20:00
 剣術家集団の実像 講師:三野行徳・国立歴史民族博物館講師

歴史手習塾チラシ


彦根の住人になって35年。議員という立場もありますが、彦根のことを深く知りたいと思います。

是非とも、多くの方の聴講を希望しております。

 

井伊直弼と開国150年祭閉幕式

閉幕式典案内看板



国宝彦根城築城400年祭に引き続き、井伊直弼と開国150年祭へと続いた、彦根を全国へ発信する2つのイベントがいよいよ終幕を迎えました。

24日、寒い天候ではありましたが、彦根城博物館能舞台で、井伊直弼と開国150年祭の閉幕式が開催されました。

「ひこにゃん」という素晴らしいキャラクターが生まれ、常にこれら2つのイベントでは先頭に立ってくれていた彼(彼女でしょうか?)にも、一つの区切りが参りました。でも、引き続き、彦根のキャラクターとして頑張っていただくことになります。


閉幕式典での市長


狂言・茂山家の狂言があり、市長や実行委員長の挨拶で、いよいよ閉幕のときを迎えたのです。

「花の生涯」という最初の大河ドラマで井伊直弼が取り上げられて以来のブームとなった彦根城ですが、今回は市民が共に創り出す様々な事業、そして環境に配慮したり、地域ストックを有効に活用するたくさんの市民が生まれ、彼らの斬新なアイデアこそが、これからの「スローライフ」へのキイワードであるかも知れません。


閉幕式典での北村会頭 


ずっと北村実行委員長の側に寄り添っていた「ひこにゃん」。お疲れさまでした。全国各地で喝采を浴び、ハワイへも進出したあなたの功績は大変に大きなものがあります。

そうそう、スミス記念堂であったカメラオブスキュラにも登場しました。薄暗い堂内にぽっかりと浮かび出た白い物体。このもち肌が「ゆるキャラ」と言われる所以なのでしょうね。これからも頑張って、彦根のPRに励んで下さい。

鉄砲隊も見逃せません。連日の登場でお疲れもあるでしょうが、これからもよろしくお願いいたします。


鉄砲隊


彦根は、この閉幕で終わるのではありません。財政課題をはじめとして、公立病院問題も私の課題です。幸いに、多くの意のある方々が、それぞれの持ち場で頑張っていただいています。そうした方々をしっかりとサポートできる「私」になりたいと考えております。

足下を固めて、一歩一歩頑張ります。


search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM