彦根城を巡る

桜のスミス記念堂


 4月6日に友人と、満開の桜を見るために、彦根城周辺を歩きました。

 スミス記念堂から天守閣を望むロケーションは最高でした。


桜の天守閣


内濠の景色も最高でした。


内堀の桜


今年の桜は不順な天候と風雨のため、短い間だけしか楽しむことができませんでしたが、また来年も美しい桜を愛でられますように。そして来年こそは、しっかりと散らずに長持ちしてほしいものです。

 

対話市町議の会勉強会

 4月9日午後1時30分から、四番町スクエアにある「街なかプラザ」で対話市町議の会の勉強会をいたしました。私の当番で、四番町スクエアとスミス記念堂についての勉強会。

 四番町スクエアは、もともとは公設市場のあったところで、住民が周辺に移動し、商店街も郊外の大型店舗に出店するなど、人出が少なくなり、といった事情で寂れていました。 

 これに対処するために若手を中心として再開発計画を立てたのですが、頓挫し、その後、区画整理方式によって現在の形になった経過を区画整理組合(現在は解散)の元理事長の西村様から聞かせていただきました。

 西北には夢京橋キャッスルロードの江戸時代風、東南には昭和の銀座商店街があり、その中間に位置するところから、「大正ロマン」をコンセプトにしたとのことでした。何ごとにもコンセプトをしっかりと押さえることが必要だということでした。





 昨日は、カメラを忘れましたので、携帯電話で撮影した1枚だけしかありません。

 30分余り、講演していただき、四番町スクエアの中を散策。ご参加いただいた市議の方々には、改めてこの街のよさを実感していただけたと思っています。

 その後、夢京橋キャッスルロードを移動して、スミス記念堂へ。


スミス記念度20091213



 スミス記念堂では、所有するNPO法人スミス会議の辻副理事長(私の夫ですが)からこの建物が再築に至るまでの経過や建物の特徴などについて説明を受けました。スミス会議には、正会員として関与していますので、おおよそのことは知っているつもりでしたが、改めて知ったこともありました。

 「スミス記念礼拝堂を彦根に保存する会」(平成8年)からの長い運動であること、このNPO設立にはSARS(平成15年に中国などを中心に流行しました。)が関係していること、長い時間をかけて待ったおかげで、現在地が確保できたことなど、来られた方々にも耳新しい話題だったと思います。

 また、ジャズライヴ、講談、結婚式やカメラオブスキュラなどの様々なイベントでこの建物を活用している実態や、無償での使用が止められたときのことを質問するなど、さすが市議の方々の視点は違うな、と感じました。

 その後、少し休憩をしてから、彦根城内へ。桜花満開の堀端の二の丸にあるジオラマを見学(説明員の方の詳しい説明にも感心しました。)、いろは松から夕食場所のミルクハウスへ。

 今日の勉強会参加者は少なかったのですが、遠路・高島市からも食事会には参加していただき、それぞれの自治体の抱える問題点などについて熱く議論できたことはとても有意義でした。


池谷幸雄トークライブ

 本日は、ちょっと変わったトークライブに参加して参りましたので、ご報告します。
 4月4日(日)長浜市において、オリンピックメダリスト「池谷幸雄」さんのトークショーがありました。ソウル、バルセロナオリンピックで銀メダル2個・銅メダル2個を獲得された事は、皆様の記憶の中に残っている事と思います。現在は38歳になられているとの事ですが、とても若々しく30歳くらいにしか見えませんでした。現在は体操教室を8ヶ所経営されていて、その中には次のオリンピックの日本代表に選ばれるような優秀な選手が育っているとの事でした。


池谷幸雄


 池谷さんは、ソウルオリンピックの時は18歳で高校生、バルセロナオリンピックの時は22歳だったそうです。4歳の時にご両親のすすめで体操を始められて、その時は、ずっと体操をやりたいと思ったわけではなく、野球もいいな・サッカーもいいなくらいの気持ちだったそうですが、小学校3年生の時、改めて自分の意志で体操をやっていきたい、そしてオリンピックに出場してメダルを獲りたいと心に誓ったそうです。
 銀メダルや銅メダルを実際に見せて頂き、初めて持たせて頂きましたが、ずっしり重かったです。4歳から青春時代そして大学生活のすべてをオリンピックに賭けて練習に打ち込んでこられた勲章ですね。
 本日印象に残ったお話の一つは、10歳までに、全身を使って運動をする事が子ども達の体の発育に多大な影響を与えるとの事です。考えて見れば私達の子どもの頃は、学校から帰ったら、暗くなるまでらひたすら遊んだものです。年上や年下の子ども達とみんなで遊び、けんかしたり仲直りしたりしながら、その中で人との付き合い方を自然に学んでいったのかも知れませんね、今はパソコン・携帯・テレビゲームと人と向かい合わなくても時間が過ぎていきます。かくれんぼ・ゴム跳び遊び(ちょっと古すぎるってか)ドッヂボール・魚釣り・・・子どもは遊ばなくっちゃね、くたくたになるまで遊んでこそ子どもなんだなあ、池谷さんは、体操教室で、子ども達が思いっきり体を動かして健康に育ってほしいと願っているそうです。子どもの時に体を鍛える事は、将来の健康維持に役立ち、日本全体の医療費の節約に繋がると話しておられました。そうです・・・医療を守る議員になりたい私としては、アンテナにビビッときたぞ・・・。毎年1兆円ずつ増加していくと言われている医療費を何とかせにゃ・・・。こういう基礎的なところに力を入れるべきだ、頑張ろう。
 また、JOC(財団法人日本オリンピック委員会)に対して、政府はもっと支援をしてほしいと訴えておられました。ついこの間終わったバンクーバー冬期オリンピックでは、フィギャースケートの高橋君や真央ちゃんが頑張ってくれたけれど、韓国には負けたもんね、韓国は国家でオリンピックを支援しているからなあ・・・。


池谷氏とともに




2個のメダル


ガバナンス



 事業仕分けではJOCが減額の対象になりましたが、オリンピック・パラリンピックの選手の強化にはもっと予算をつけるべきだと思います。選手達は、国民に希望と勇気を与えてくれます。日本の国を愛する気持ちも育ててくれます。そんなこんなで色々写真も撮らせて頂きましたので、お楽しみ下さい。





湖岸早春


湖岸景色


伊吹山遠望


桜花爛漫


 また、長浜市に行く途中の初春の琵琶湖が美しく、桜もほころびかけていましたので、写真に撮って参りました。やっと春ですね・・・桜の季節はあでやかで、ちょっと切ないものですね、皆様も日本の春を満喫してくださいね^^

「はばたき」開所式

3月28日の午後には、NPOぽぽはうすの「はばたき」開所式に参加いたしました。

法人設立から10年を経過し、新しい施設の開設の必要性を感じておられたぽぽはうすの皆さまの努力が身を結んだところです。


ポポハウス玄関


南彦根駅近くに新しく開設されたのは「はばたき」。

私は、医療面の課題について多くの時間を割いているように見えますが、病気を持つ医療面での弱者だけではなく、福祉という観点での社会的弱者についても、心を配っています。


パパハウス
 


人として等しく生まれた命一つひとつに光が当たる社会を目指して頑張りたいと思っています。

民主党滋賀県第2区総支部連合会定期大会

3月28日。朝からひこね燦パレスへ。

私がサポーターとして参加しております民主党滋賀県第2区総支部連合会の定期大会に、司会として参加いたしました。

民主党大会2


この大会の司会の大役をお引き受けして、少し緊張いたしましたが、無難に終えました。

政治の抱える問題は様々ありますが、景気を上向ける必要性と、そのための方策の確立こそが喫緊の課題です。


民主党大会1


新しい年度の始まりに向けて、広く市民の切実な声をくみ取れるように努力したいと実感いたしました。

 


search this site.

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

リンク

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM